Lausanne Global Analysis イギリスの宗教の無学を終えようとする働き - Lausanne Movement イギリスの宗教の無学を終えようとする働き - Lausanne Movement

Lausanne Global Analysis

         

イギリスの宗教の無学を終えようとする働き

この記事はエグゼクティブ概要のみになります。記事全体は英語のみになります。

Print Friendly, PDF & Email

イギリスの政府が宗教の研究のために£300 億も使うことは珍しいです。 しかし、2009年に静かに イギリスリサーチ協議会国際不確実性プログラム(Research Council UK Global Uncertainties Programme )が、4つのイスラム教中流階級専門家が宗教を理由にロンドンの地下を爆破した4年後に設立し、社会と政治の模範をよくする傾向がみられました。 宗教、安全、国際不確実性の報告(Religion, Security and Global Uncertainties Report )はウェストミンスターで2015年1月に発行されました。 統治者に事が変わったという力のあるシグナルを送りました。あるいは7/7ロンドン同時テロ事件後にトニー・ブレアがした記憶に残るような発言、「これは普段通り関係無い」彼や私たちはどう意味したのか。イギリスは半世紀以上も非宗教的に動いてきました。 7それは7/7を境に終わりました。 さらに、宗教に関しては、政府の中立な立場で有名で、民族宗教に関する議論をまとめてきました。. 非宗教化されるということは免れない宗教の衰えと見られました。 非宗教的であるということは革新的であるということ、信仰を持たないということ。 自分のやりたいことをプライベートですることが可能でしたが、公共の場での宗教は時代に置き違えられたものと考えられていました。 9/11と7/7以前それは変わり、EU指令の判断の元で宗教を社会的排除されていました。 しかし、非宗教的スペースに少数派民族が住んでいる中、彼らは平等な権利、それ以上の権利を要求し、それはクリスチャンによって勝ち取られました。 多文化主義は1960年以来イギリスの社会政策を援助してきた、グループアイデンティティー政治の政策にとって破滅的です。 それは、角が鋭く立った、法的に取り組まれた宗教に定義された民族に対する視野を基礎にしていました。 グループ政治が開拓するホスピタリティーと我慢はクリスチャンです。 しかし、このような確信がそれ自体排除されている、あるいは、平等や不適切な宗教の所信の一部と受け入れられていたら、近代国家は危機にあります。 しかし今、コメンテーター達は抵抗しようとしています。 例えば、ケイト・クーパー、マンチェスター大学古代史教授で、宗教、安全、国際不確実性リポート において、アウグスティヌスの書物から、快適な非宗教主義に関するイデオロギー的基盤を見つけました。 非宗教主義が宗教のように活動し始め、特権を親宗教、キリスト教を含む他すべての特権を求めたら、国家は社会を共食いし始めます。 「普段通りのことである」とはヨーロッパ自身の歴史と神学を無視していることを意味します。 それは無視している、あるいは 神学の説得性に盲目であり、市民の非道を招く結果となり、ヨーロッパの現在の光景でもある若者を聖戦へリクルートする結果に陥ってしまいます。 宗教が単に意見とされるとき、諜報機関は単に行動をとることもなく、イギリスのジハード者達の神学への不満の発達を観察しました。 国家はむやみに人が亡くなったという現状を無視する権利を自ら用いたのです。 これが宗教の無学で、世界情勢宗教リテラシーラピドメディアセンター(Lapido Media Centre for Religious Literacy in World Affairs )が今までのただ一つの声で、宗教の無学を阻止しようと努力しています。

 

Print Friendly, PDF & Email

Dr.ジェニー・テイラーはジャーナリストで、執筆者、世界情勢宗教リテラシーラピドメディアセンター www.lapidomedia.com(Lapido Media Centre for Religious Literacy in World Affairs )の創設CEOでもある。ロンドン大学、東洋アフリカ研究学院で宗教を専攻し、イギリスのイスラム教やキリスト教に関する論文を書き、イスラム教徒とクリスチャンの信仰をベースにしたグループ間のコミュニケーションのアドバイスを行っている。

14 1月 2015

Lausanne Global Analysis

,