Lausanne Global Analysis

         

オール オブミー "All of Me"

世界貧困と不義と関わる

この記事はエグゼクティブ概要のみになります。記事全体は英語のみになります。

Print Friendly, PDF & Email

これは2014年4月2日、ゴードン・コンウェル神学校(アメリカ、マサチューセッツ州、サウスハミルトン)でのチャペルで話されたものを編集したものです。 歴史的に福音派コミュニティーは地域の快適な生活を大きな犠牲が伴っても求めてきました。外部者は私たちのクリスチャンの交わりは非メンバーたちのために存在していたことを理解していました。私たちはイエスの貧困へのミニストリーを真剣に捉え、聖書の正義を危機にある人々へと分配し、刑務所や危ないところにいる苦難でしいたげられた人々を重点にした制度を作り上げてきました。しかし、20世紀の初期、福音派はプロテスタンティズムの自由主義な正義の革新と共にあって、人間の発達に重点を起きすぎていました。 個人の信仰と伝道が罪深い社会構成を変えることに力を入れている霊性に比べられたとき失われてしまう危険を感じました。そのうち残念ながらそれらを並置しなければなりませんでした。さらに、福音派の多くは社会との関わりを持たなくなり、それは”大逆転”(Great Reversal)と言われています。これには神学によって教会が分けられてしまったり、世への伝道が妥協されてしまうといった意図的ではない結果がありました。信仰の行いは、私たちのみことばと信仰のコミットメントから離れてしまい、結果、世への伝道は不完全にありました。引き続きこの意図的でない結果と戦っています。 これはスペイン異端審問は病的な神学の考えによって発端し、クレセーダーと知られるようになりました. 武器を共にする伝道はイスラム教徒たちや他の無信仰者たちと会話を持つことを難しくしました。さらに、前世紀、南アフリカのアパルトヘイトの恐怖の最中、黒人の権利を制限することに賛成したものの多くは教会コミュニティーの柱的存在たちでした。  愛するようにと使命されてることを取って代わってる特定の神学に縛られているときに、このような結果におちいってしまいます。 あなたの神学はどのような神学ですか?I十分学んだら、本が沢山並んだオフィスとモラル的に良い人を得られる補償があるのではありません。これが神学ではなく、神学がもたらすわけではありません。 キリストの体を満たす福音は、壊された関係を取り戻すのです。貧困を生み出す壊された関係です。貧困は神様や隣人、地球、自分の中の壊された部分との壊された関係です。歴史的な神学的機能障害への無頓着さにもかかわらず、愛の価値、悔い改め、和解、そして熱心な関わりは今も存在します。 過去25年間、福音派が個人の信仰や社会的行為を人々がイエスがどのような人なのかを理解しやすくするような方法で調和してきました。大逆転の裏面が語られ、福音の全人的さが表向きになってきました。この変化を通して、HIVやエイズに対する福音派教会の心構えが完全に変えられる姿がみられました。  AIDSの感染率、死亡率、極貧、人身売買やマラリアは教会が立ち上がっていくにつれ影響を受け始めました。パレスチナはどうでしょうか。.ピースメーカーとして、私たちは愛と犠牲の正義の課題によって課されています。私たちがパレスチナ人、イスラエル人、正義支持者になれることを信じています。なぜなら、私たちは断固としてイエスを支持するからです。私たちはこれらが課題として取り上げられるのに適した、歴史的頂点に到達しました。 社会との関わりを持つことや、AIDSやパレスチナに関する課題が影響する福音を宣べ伝えることについてあなたの神学はどのように捉えていますか?あなたの日々の生活がこの質問に答えを出せるように、取り組んで行きましょう。なぜならば神学がそれに答えられるように導きます。

Print Friendly, PDF & Email

スティーブ・ハスはワールド・ビジョンUS (World Vision US)の副代表、チーフカタリストを務める。スティーブはトリニティーフォーラム(Trinity Forum)や、迫害されている教会のためのの祈り、ウィロークリーク教会(Willow Creek Church)のリーダーなどを務めてきた。フラー神学校から卒業し、ワシントン州シアトル近郊に住んでいる。

14 1月 2015

Lausanne Global Analysis

,