Lausanne Global Analysis

         

ディアスポラ2010年ケープタウン会議から2015年マニラ会議、それ以上に

ローザンヌ運動と散らばった人々

この記事はエグゼクティブ概要のみになります。記事全体は英語のみになります。

Print Friendly, PDF & Email

国際連合開発計画によると、2億140万人以上もの国際移住者、出生国ではない国に住んでいる人がいます。  移住の理由は色々あり、任意であったり非任意であったりします。ディアスポラはとても複雑な課題であり、世界の人口統計や経済、政治、文化、社会を変えています。現在のディアスポラの国際現象は近代の歴史のなかで神様が行い、神様が計画した宣教の時です。人々が大きく再分配されたことは宣教の方法に深く関連します。 最近、国際ディアスポラの変動は政府の政策担当者や社会科学者が注目しているだけでなく、宣教学者たちも注目しています。国際ディアスポラ、特にディアスポラと宣教は第3回ローザンヌ会議、2010年ケープラウン会議の注目の課題でした。一つの話し合われた課題は、どのようにディアスポラや散らばった人々に宣教していくかでした。国際ディアスポラ宣教はケープタウン決意表明の一部に含まれました。第3回ローザンヌ会議はディアスポラの人々への宣教を強調しました。  しかし、後押しのほとんどは参加者からきました。そのため、宣教とディアスポラを学ぶにあたり、研究者や専門家との協力の必要性が強まりました。さらに、多識なディアスポラと宣教についての討論が文学が増加するとともに必要とされました。  これらの必要性によって与えられたチャレンジと機会を見越し、ローザンヌ運動のリーダーシップはディアスポラ、シニアアソシエートに組織を作るよう言いました。 世界ディアスポラネットワーク(GDN)は第3回ローザンヌ会議中にディアスポラネットワークを広げることと、ディアスポラの課題のための計画のために創設されました。GDNの本部/事務局はマニラに置かれました。 多の神学校博士科に在学する福音派学生がディアスポラについて博士論文を書くケースが増えています。 彼らのリサーチや論文は宣教学のディアスポラ分野に大きく貢献するでしょう。 GDNは世界ディアスポラフォーラム(GDF)を2015年3月24-28日にマニラで開催する予定です。ディアスポラ宣教学者や専門家を集めてのこのフォーラムの目的は2010年ケープタウン会議から5年後、宣教学のディアスポラ分野を促進させ、傾向を評価することです。 2015年GDFのビジョンは、主要福音派リーダーたちを携わらせ、話し合い、全世界へ、特に常に移住を繰り返す人々に福音を伝えるためにリーダーたちが教会全体を動かせるようにすることです。ローザンヌ運動とGDNは世界の主要福音派神学校の半数以上が2015年GDFによってディアスポラのコースを宣教学において、提供することを望んでおり、世界教会がディアスポラ宣教を含むことが触媒されるよう望んでいます。 フォーラムの詳細は世界ディアスポラネットワークのウェブサイトwww.globaldiaspora.netでみられます。2015年GDFのあと、GDNはディアスポラ宣教学が主要学問分野として、さらに既存する学科を促進するために総合的ディアスポラ宣教学概要を発行する予定です。多くのエージェンシーがディアスポラに徐々に対応している中、世界の人々に触れていくためのディアスポラ宣教学の枢要値に徐々に気づく傾向があります。ディアスポラ宣教は研究者や専門家がケープタウン会議、マニラ世界ディアスポラフォーラムの後、ディアスポラ宣教学を実行することで加速していくでしょう。ローザンヌ運動が、ディアスポラ宣教学が全教会を福音を全世界へ、特にディアスポラ、散らばった人々へ伝えるために刺激を与えていることを取り入れていることに感謝しています。

Print Friendly, PDF & Email

サディリ・ジョイ・ティーラはローザンヌディアスポラシニアアソシエート、世界ディアスポラネットワーク(GDN)の議長をつとめる。カナダ、アンブローズ大学、神学校のジェフリーセンターグローバルイニシティブ、ディアスポラ宣教学専門家でもあり、先住民宣教促進(AIM)の副議長でもある。ジョイはウエスタン神学校(宣教学博士号)と、改革派神学校(ミニストリー博士号)にて教えを得る。

Translated by: ゲミルみほ

09 3月 2015

Lausanne Global Analysis