Lausanne Global Analysis

         

ミレニアル

どのように宣教のための寄付に従事させていくか

この記事はエグゼクティブ概要のみになります。記事全体は英語のみになります。

Print Friendly, PDF & Email

カリー・ダン・サラトバスキーとデレック・フェルドマンは本、変化の要因になれ-なぜ、どのようなミレニアルの非営利的従事(Cause for Change—The Why and How of Nonprofit Millennial Engagement)にてミレニアルについて、彼らは団体がどのようにすべてのオーディエンスに伝達するかに急速に影響をもたらしているか、ソーシャルメディアポラットホームを利用しての伝達、モバイルフレンドリーで、真の話や簡潔な視覚的表現に重点を置いています。彼らはこのようにまとめます。「私たちの調査が世界を改善しようと努力する世代を明らかにしました。団体はボランティア者や年長の寄付者だけに提供することができないのは明確です。若い世代は、サポートする要因が彼らが携わる方法を変えるように要求しています。私たちはこのような見解がミレニアルと働く団体がこの勢いをよい形に解放する助けとなることを望んでいます」と。 しかし、クリスチャン・スミスが著者した本、変化に迷走ー半人前期の暗闇(Lost in Transition—The Dark Side of Emerging Adulthood)はミレニアルが利他的動機に配置される中、彼らは与えられたプロジェクトに長期間の善意的関わりに関心を継続をするための思考力とスキルに欠けていると言います。宣教活動や非営利NGOは変化の要因になるためのマーケティング戦争に加わらなければならないと感じています。 スミスによれば、この「モラル妄想」の不足はミレニアルを混乱させ、モラル的に混乱させました。スミスは多くのミレニアルが 良い行いをしていることは認めました。しかし、これらの例がよく一般的にミレニアル世代の間違った認識を作り上げてしまっています。両方の見解がミレニアルと慈善を理解するための洞察力のカギを与えます。サラトバスキーとフェルドマンはミレニアルについてと恵与の仕方を理解することを助け、スミスはミレニアルと恵与についての「なぜ」を深く見ています。 両方の研究は家族と友達ネットワークの重要性に重点を置いており、半人前期の人々は社会的にさらに関わりを前世代よりもっていると言います。著者は物語やストーリーの重要性がミレニアルにも重要であることに重点を置いています。 両方の著者は全世代に超一般化しないよう気をつけるよう問いかけています。ミレニアルは重要で、社会の思考力豊かな部分です。スチュワードシップのバトンをこの知識欲があり、社会で活発なグループに渡すことは、キリストを宣べ伝え続けていくための耐久レースにとても重要です。彼らは真正で信用できる関係を望み、尊重しています。 ミレニアルが伝道と弟子訓練に取り組むことは、ミレニアルが彼らの持つ賜物の真の影響力をみることにより信用を築くことを必要とし、金銭的協力以上の機会を必要とします。. もしミレニアル寄付者が寄付の行いやすさ、従事していて、意味があるのを見れば、同僚で作るネットワークに伝えるでしょう。これが起こった時、友達に誘われて一緒にいくように、寄付は時代を超越し、卓絶した世代になります。信仰者のリーダーとして私たちは、クリスチャン・スミスが言う宣教活動的寄付の「なぜ」を見ていかなければいけません  私たちの寛大さと寄付のメッセージは特にミレニアルにとって、教会の宣教の聖書的神学を基礎とし、それが彼らのモラルの妄想を作り上げます。今はこのミレニアル世代のための切実で筋の通った全人的宣教のビションに適しており、そのビジョンは現在のテクノロジー、グローバル化、都会化と多様性の急進化を含み、私たちが聖書の記述の贖罪期間に持つ時間を最大限にする聖書的神学に基底しています。

Print Friendly, PDF & Email

スティーブ・ステッドムはハーリJロイドチャリタブルトラストのエクゼキティブディレクター。オックスフォード宣教研究センターの博士号候補者でもある。アメリカの福音派教会のミレニアル世代の信仰交差や慈善に研究の重点を置いている。

トーマス・ハービーはイギリス、オックスフォードにあるオックスフォード宣教研究センターの学部長。1997年から2008年までシンガポールにあるトリニティー神学大学にて組織神学の助教授をつとめる。

11 11月 2014

Lausanne Global Analysis

,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*