日本におけるローザンヌ運動について

日本でのローザンヌ運動は、日本の責任主体である日本ローザンヌ委員会を組織的土台として、この運動に賛同し継続的にそれぞれの立場で行動する人々によって推進されています。日本ローザンヌ委員会は、ローザンヌ世界宣教委員会(Lausanne Committee for World Evangelization = LCWE)公認の委員会であり、ローザンヌ誓約に賛同し、ローザンヌ運動を日本の文脈で展開することを追い求める人々と共に歩みます。

また、私たちは福音派の伝統に立ちながらも、開かれたグループであり、missio dei(神の宣教)に賛同し、神がこの世で行なっておられる業に意図的に参画していきます。

私たちの使命

教会に与えられている宣教の使命を大切に、かつ真摯に受け止め、日本の教会、教団、宣教団体、および個人の参加を励まし、ネットワークを拡大すること。

私たちの務め

私たちは、日本のクリスチャンリーダー間の相互理解の深まりと協力の拡がりを願い、架け橋となることによって、日本の教会が宣教の使命を大切に受け止め、それにより全教会が動員され、全福音が全世界にもたらされていくことを追い求めます。

また、教会が宣教していく際の重要な諸問題に取り組むために、神学的議論と実践的方策の開発のために必要な機会を提供することに努めます。

さらに、日本の文脈の中で活動しながらも、国際的運動において日本独自の役割があることを認識し、世界的視野を持ち続けて活動します。

大切にしている価値観

私たちは福音の全人的理解を支持します。

この福音理解には、人間の尊厳と正義に関連する事柄における告知、預言的な発言、個人の救済、和解、社会的責任が含まれます。

私たちは、「福音宣教の推進」という教会に託された共通の務めに教会が邁進することを願い、多様な文化と神学的立場を超えたキリストによる一致を促進します。このことが実現されるために、神学と宣教方策との両方をつねに視野に入れること、及びこの2つを相互に影響させ合いながら歩む必要があることを、私たちは信じます。

目標

  1. 宣教の業の世界的進展状況について、日本の教会に最新情報を提供すること。
  2. 教会の宣教の業において、協力と提携が促進されること。
  3. 教会が、宣教の業において対話を進め、教会間で重要な課題領域に対する活発な応答がなされること。
  4. 日本及び全世界の信仰共同体における教会が、それぞれに直面している数々の宣教課題に取り組む場を提供すること。
  5. 日本及び全世界の共同体にとっての宣教の務めについて、私たちの理解を広げると共に、深めるような資料を開発すること。
  6. 国内外での絶えざる祈りと神の国の業への参画を励ますこと。
  7. 教会の宣教の使命に献身している若いリーダーを見出すこと。

あなたも参加できます

日本ローザンヌ委員会公式ウェブサイト(www.lausanne-japan.org)は、日本におけるローザンヌ運動について、あらゆる情報が得られる日本語のウェブサイトです。このウェブサイトでできることは、次の通りです。

  • 最新ニュースやイベントの情報を得られます。
  • 世界及び日本におけるローザンヌ運動の歴史を学べます。
  • ローザンヌ誓約及びケープタウン決意表明(コミットメント)を日本語で読むことができます。
  • 第3回ローザンヌ世界宣教会議(ケープタウン2010)の報告をダウンロードできます。
  • ローザンヌ運動に賛同している教会、宣教団体、学校などのリンクの一覧を見ることができます。
  • 日本ローザンヌ委員会賛助会員になることができます。

日本ローザンヌ委員会は、情報伝搬と自発的な対話を促進するために、Facebookの公式ファンページ及びツイッターの公式アカウントも持っています。詳しくは、公式ウェブサイトのトップページをご覧ください。

Print Friendly, PDF & Email