Translations

運動について

ローザンヌ運動のはじまり ローザンヌは福音伝道者Dr.ビリー・グラハムから始まります。Dr.グラハムが国際的に教え始めたのをきっかけに、’全ての伝道者を共有する任務、世界宣教につなげる’とう情熱を抱くようになりました。1970年にビリー・グラハムは世界の政治、経済、知力、そして宗教騒動においてのクリスチャンの宣教を見直すための国際会議の必要性に気づきました。教会、ビーリー・グラハムは信じ、急速に変化していく社会にあるアイデアと価値を掴まなければいけませんでした。

Billy Graham lausanne74 lausanne74_assembly

1974年7月、2,400人を超える人々が世界150カ国からスイスのローザンヌに初回の世界宣教会議のために集結しました。TIMEマガジンはこのように記事に書きました。’圧倒的なフォーラム、おそらく、今まで行われた中で、最も広範囲的なクリスチャンの会議’と。講演者は当時世界でもっとも尊敬されていた福音派思考者、フランシス・シェーファー、ラルフ・ウィンター、カール・ヘンリーそしてジョン・ストットを含みました。参加した人々は神様の存在に謝意を覚え、10日間の祈りと3つの方法で教会を刺激した世界宣教の計画 に対する好意を覚えました。[section background_repeat=”repeat” background_position=”center top” background_attachment=”static” background_scroll=”none”] [one_third valign=”top” animation=”none”] icon theological foundation

1. 世界宣教の神学的基礎

ローザンヌ誓約はジョン・ストットが議長を務めた国際委員会によって書かれ、伝道の必要性と目的が示されました。この誓約は近代の教会の歴史において重要な書物とみられ、伝道者たちを多彩な経歴から、今後の宣教のパートナーシップと形のために集めます。[/one_third] [one_third valign=”top” animation=”none”] unreached people groups

2. 福音が伝えられていない人々のグループ

1974年のラルフ・ウィンターの公演で紹介された定義 ‘福音が伝えられていない人々のグループ’ は、’宣教学において一つの重要なマイルストーンであった’と言われました。教会の中で宣教を停止するべきと述べていた人もいましたが、ウィンターは反論しました。多くの人種にはクリスチャンが一人もおらず、彼らの言語で訳された聖書へのアクセスもないため、異文化への宣教が教会においての必要な務めであるのです。[/one_third] [one_third valign=”top” animation=”none”] icon holistic mission

3. 全人的宣教

会議は伝道と宣教における社会的正義、ラテンアメリカの神学者たちサムエル・エスコバーとレネ・ピダイヤが受け入れられること両方の必要性を訴えました。これが今日の福音派の思考へとの変化の模範となり、全人的あるいは統合的宣教は1974年の会議に大いに帰します。[/one_third] [/section][divider style=”none”][/divider]

約85%ものラテンアメリカにある宣教団体はローザンヌ誓約を信仰宣言として利用していると想定します。— デイビッド・ルイズ, WEA 宣教委員会

[divider style=”none”] [/divider] 1年後ローザンヌ世界宣教委員会 (LCWE、現ローザンヌ運動)が創設されました。. キリストをすべての人に知らせるための国際的提携を容易する目的で創設され、今も変わりません。

40年のつながり 70、80年代、ローザンヌ運動は1974年会議を基盤に、少数の影響力ある人々を重要な宣教課題、例えば、福音や文化、イスラム教、伝道化や、シンプルな生活などのために集めました。コンサルテーションは 行動の必要性を含む声明、現在も発行されているローザンヌオケーショナルペーパーの発行へとなり、宣教神学や習慣を形状することを助け続けています。[divider style=”none”] [/divider]

ローザンヌの福音と文化についての記事は私たちの国へ手を届けていく方法を明確にさせました。今でも主要なアプローチとしてスリランカで取り入れられています。—  アヒス・フェルナンド、ティーチングディレクター、ユースフォークライスト、スリランカ

[divider style=”none”] [/divider] T1989年マニラ会議と2010年ケープタウン会議後2つの主要な国際会議は、今後の世界宣教の戦略のかぎと目標の発端として働きをもたらしています。:

  • 1040 Window10/40の窓 .ルイス・ブッシュがラルフ・ウィンターが1974年の公演で紹介した定義、福音が伝えられていない人々のグループ(UPG)を元にUPGが多く存在する地域を確認しました。10/40の窓のコンセプトは、10〜40緯度にある北アフリカ、中東、アジアの地域を中心にミニストリーを行う多くのミッションエージェンシーや教会を助けてきました。
  • Global Partnerships国際パートナーシップ .300以上もの宣教パートナーシップやネットワーク、新たなミニストリーが多様な宣教に関する課題に取り組むために1989年マニラ会議から発達しました。

[divider style=”none”] [/divider]

1989年の第二回ローザンヌ会議以前は、聖書翻訳団体が語り合う事はまったくありませんでした。ローザンヌが私たちを互いにつなげたのです。2人の国際的翻訳運動リーダーが第二回ローザンヌに参加しました。一人はウィクリフバイブルトランスレーター、もう一人は聖書協会連合です。彼らは世界にある全てのバイブルエージェンシーに協力するよう声をかけ、翻訳と配分における共同作業をさらに増すように取り組むことを、彼らに主が望んでおられると実感しました。そこから インターナショナルフォーラムオブバイブルエージェンシーのビジョンが生まれました。— ロイ・ピーターソン、会長、取締役、米国聖書教会

[divider style=”none”] [/divider]

  • missional_challenges 21世紀の宣教に関する課題を示す 30以上もの宣教に関連した課題が2010年ケープタウン会議で示されました。これらの課題は福音のオーラル学習者の増加、ディアスポラ、世界のアイデアや全社会の市場、アカデミーと公共広場を含みます。
  • platform_global_church世界教会のためのプラットホーム 2010年ケープタウン会議は今までになかった、民族的にもっとも多様な福音派クリスチャンリーダーたちが集められた会議と言われました。これは世界教会の人口統計を正確に表すために慎重にあつめられ、多数世界にある教会に声を発しました。

[divider style=”none”] [/divider]

アフリカの人々が宣教に取り組み、役目を持つのはローザンヌの影響です。それは大陸全土の触媒となり、’私たちは役目を持っている!’のである。 — ダニエル・ボウアデーン、ゼネラル書記、国際福音派学生会

[divider style=”none”] [/divider]

  • Road Map世界宣教への道のり ケープタウン決意表明は世界教会が30の重要な課題を定義するために拍車をかけました。クリス・ライトを筆頭とするチームによりつくられ、私たちが信じる聖霊が現代の教会に語りかけていることと、運動の活動の道のりとして働いていることを示しています。
  • Engaging Young Leaders次世代リーダーたちをつなげる 1987年と2006年に行われた、第二回、第三回国際会議が行われる数年前にローザンヌは次世代リーダー会議(YLG)を開催し、25歳から35歳のすでにそれぞれの国で影響をもたらしている福音派のリーダーたちを確認しました。この会議は参加者を他の世界のリーダーたちにつなげ、次の世代の影響力ある人々を築き上げました。次回のYLGは2016年に行われる予定です。

影響力ある人々を世界宣教につなげる。 過去40年間、最初のローザンヌ会議が行われて以来、多様な変化があったなか、私たちの世界のビジョンは変わっていません:

  • Gospel for everyone 福音をすべての人に
  • Evangelical church 福音派の教会をすべての人に
  • Christ like leaders キリストのようなリーダーをすべての教会に
  • Kingdom impact 神の国がすべての社会に影響を与える

創設者ビリー・グラハムとジョン・ストットのように、私たちは神様から与えられた使命、影響力ある人々と世界宣教のアイデアをつなげることを忠実に歩むように全力を尽くす努力をしています。私たちは世界教会のたに謙遜とフレンドシップ、祈り、勉強、パートナーシップと希望、ビリー・グラハムがローザンヌのスピリットと呼んだこれらと共に奉仕していきたいと望んでいます。

ローザンヌ運動は2つのネットワーク方法で影響力ある人々をつなげます:

  • 課題別ネットワーク

    .ローザンヌシニアアソシエートによって率いられる30以上の課題別ネットワークは、宣教の機会と課題のかん難が関わっており、課題は自由と正義からイスラム、街、メディアとの関わり、ビジネス宣教など多様です。

  • Issue

  • 地域ネットワーク

    東アジアからラテンアメリカ、仏語圏アフリカから南太平洋と、12の国際副ディレクター(IDDs)が大陸全土、地域全土のローザンヌ関係者たちにリーダーシップを与えます。

  • Networks

つながっていただくことを望みます

ローザンヌ運動とつながっていただくには幾つかの方法があります:

第一に私たちは皆さんが私たちが神様から与えられた使命に忠実であり続け、神様がキリスト我が主の栄光のための宣教に私たちを用いてくださることをお祈りしてくださることを願っています。

Subscribe to personalized email updates: