Lausanne Global Analysis

世界経済第1位国の中国、宣教活動の増加、どのようにサポートすべきか

この記事はエグゼクティブ概要のみになります。記事全体は英語のみになります。

Print Friendly, PDF & Email

多数の中国の政府非公認地下教会のリーダーたちはソウルにて世界と韓国の福音派リーダーたちと集まり、世界宣教における中国の将来の方向性について話し合いました。中国宣教2030年目標は2013年に行われたアジア教会リーダー会議でまとめられました。昨年、中国の主要牧師たちはソウルで再び集まり、次世代が立ち上がり目標を達成するための戦略をこのようにまとめました。

  • 都市に1000以上もの教会を設立する
  • 中国の500もの福音がまだ伝えられてないマイノリティーの人々への伝道
  • 20,000の宣教師を2030年までに国外へ送る

中国の教会は神学的に成長して、教会の世界宣教あり方について理解を深めはじめています。 政府非公認地下教会は100以上の宣教師を中央アジア、中東、東南アジアや北アフリカに送ることを率先してきました。リーダーたちはは過去の経験から学び、送り側の良い環境の基礎を整え、構成を立て、団結とさらなる謙遜の姿勢に重点を置きました。

歴史が地政学と経済成長期に行われている宣教運動を証明することができます。2014年12月4日、中国経済はアメリカ経済を抜き、世界1位となりました。私たちは中国のこの新たな肩書き、世界の最大経済であることを祝すべきです。なぜかというと、中国の成長は神様の中国が神の教会を通して世界を祝福する計画の一部だからです。

中国から伝えられる福音は、かん難を経験してきた教会から伝えられています。政治的環境が厳しくなったりならないにしろ、中国の教会は使命を行い続けます。  過去200年20,000もの宣教師が国外から中国へ送られ、中国宣教2030年目標は2030年までに20,000もの中国人宣教師を海外でみられるようにする目標があります。

宣教を送るには強く健全な教会が必要です。 先10年間は都市教会設立の黄金期と言われています。 中国の福音が伝えられていない人々のグループへの宣教は将来の異文化的国外経験に重要です。リーダーたちは中国宣教2030年目標を伝え、次世代が行動を起こすよう活動しています。

現在中国からは約500人が宣教師として海外に送られました。15年後に20,000人の宣教師を送るという目標は野心的ですが、韓国から刺激を受けています。現在の教会の成長からみると、中国のクリスチャン人口は2030年までに2.47億人になると予想され、世界で最大のクリスチャン国家となることが予想されています。

中国でのミニストリーは急成長の戦術から長期的なリーダーのトレーニングへと傾向を変えるべきです。ほとんどの牧師のリーダーシップトレーニングは中国かあるいはアジア圏内で行われるべきです。 しかし中国の修士レベルの宣教学や神学の教育は中国語神学校や聖書、宣教訓練学校が大いに必要としています。中国本土の多くの人はアジア、あるいは西部の国々の神学校やバイブルスクールで学んでいます。これらの神学校のためのスカラシップは重要性が高いです。

中国の教会は国際提携を模索しています。組織運営と文化、統治構成、教会とエージェンシーシステムと政治、財務責任、ミニストリー適性と監視、宣教表明、ビジョンと価値の専門技術は国際化された世界での宣教に備えるためには必要不可欠です。

最も効果的なパートナーシップは長期的な深い従事を望む草の根レベルにいる中国のリーダーたちとのパートナーシップです。少数のローカルパートナーが専門的に深く行うミニストリーには大きな価値があり、長期的な計画としては尊重されています。

中国の例はどこの教会リーダーたちもが影響され、彼らの国々の世界宣教のビジョンを達成するために団結すべきでしょう。さらに、彼らは中国教会の宣教活動に整える必要があります。かん難や苦しみを通して、神様は世界に祝福がもたらされるために、中国にある教会を忠実に祝福してくださりました。

Print Friendly, PDF & Email

デイビッド・ロウはゴードンコンウェル神学校の世界宣教クリスティーウィルソンセンターディレクターで、ローザンヌ運動東アジア国際副ディレクターを務める。ゴードンコンウェル神学校と北京大学から修士号を取得、オックスフォード宣教研究センターの博士号候補者である。

14 5月 2015

Lausanne Global Analysis