Lausanne Global Analysis

戦術的な見通し

ミニストリーの革新のための新たな視野

この記事はエグゼクティブ概要のみになります。記事全体は英語のみになります。

Print Friendly, PDF & Email

アメリカ大統領ジョンケネディーは1961年に10年後に人を月へ送ると宣言しました。当時の限られた技術を考えた時、ケネディーの視野は大胆でした。人々は実現することは無理だろうと思っていましたが、8年後に実現しました。

シンプルに私たちが行っていることを続けて行い、毎年少しずつ進歩してきただけでは月に人を送ることは不可能だったでしょう。しかし、ほとんどの人々がそんな現場、安定感のある進歩の増加、にあると思われます。このような考えの問題は、将来の可能性を考えるとき、過去に達成してきたことを振り返って考えることです。先を見ていくのに、過去を見ているのです。

しかしケネディーは将来を過去に基づいて考えていませんでした。彼は大胆な視野をもって、あった現場から遥か遠く先をみていました。 れは人々に単に進歩の増加を求めるだけではなくそれ以上を求めるよう刺激しました。

ケネディーは必要だった知識や技術が1961年に存在ていなかったことを理解していました。 これがきっかけで科学者は先を見るようになり、達成するための必要な技術を模索するようになりました。必要な技術が明らかになったのち、科学者は現状と立ち向かいました。それが将来から始まる道のりを作らせ、目的にたどり着くまでに開発が必要な技術が示されました。

素晴らしい視野は私たちの領域以上を見させるようにします。 将来への望みを理解した時に私たちは現状をみて、どのようにたどり着けるかを考えます。このような思考は革新的で、典型を変える世に影響する方法に導かれます。

ビル・オブライエンは南部バブテスト連盟、海外宣教委員会(現、国際宣教委員会)の副委員長を、1994年に発行されたNASAの物理学者が高い視野を持っていることに関する記事を読んだときに勤めていました。オブライエンは刺激を受けて、他の団体がこのような思考を取り入れていくように協力し始めました。一つのプロジェクトは世界ビジョンでした。多くの重要な変化がこれらの会議から出ました。もう一つは宣教協会です。 団体は団体のビジョンと宣教を見直し、のち団体の構成と文化を変えました。私たちの世界は予想よりも急速に変化し続けています。

急速な変化に立ち向かう中、行われるミニストリーの進歩の増加を単に望むことは私たちをどんどん取り残していってしまいます。先を見る考え方は、リーダー達が多様な将来像を模索し理解させることを可能にします。彼らは、限られた思考パターンから解放されます。リーダーがそれを実践していくにつれて、彼ら自身を違った見方をします。さらに、情報を異なる方から見るようになります。聖書は沢山の物語があり、ギデオンのような、このような考え方を強調しています。

優秀なサッカー選手はボールに向かっていくのは鋭い動きではないことを知っています。しかし、ボールを持っていくべきところに重点を置いています。ミニストリー団体に関して同じことが言えます。リーダー達が急速な変化に立ち向かっていくなか、リーダーたちは、団体を将来の環境のために整えるよう備えなければなりません。

その為にはリーダーたちは、将来どのような環境になっていくか考えていかなければなりません。一つの方法として、現状、課題、将来を予測するための選択を学ぶことです。これらのことを深く学ぶことで、将来を明確に予測することができます。そして、リーダー達が明確な将来像を持っていると、ボールが辿り着くべきところにたどり着ける可能性は高くなるでしょう。

Print Friendly, PDF & Email

デレック・セイップ([email protected]) はアクト・ビヨンドの東アジアオペレーションマネージャーで、2001~2013年アジアに住む。組織リーダーシップ修士号(未来学専門)をバージニア、リージェント大学で取得。世界宣教の革新に関する本を執筆、近々ウィリアム・ケアリーライブラリーから出版予定。

Translated by: ゲミルみほ

14 5月 2015

Lausanne Global Analysis