Lausanne Global Analysis

         

誰もが使いやすい国際教会データーベースの設立

宣教のインプリケーション

この記事はエグゼクティブ概要のみになります。記事全体は英語のみになります。

Print Friendly, PDF & Email

教会統計はクリスチャン教会が生まれたと同時に始まり、使徒たちが洗礼を受けた新信仰者たちを数え始めたときから始まりました。プロテスタント宣教師たちは教会非会員の統計をよく利用してきました。

ウィリアム・ケアリーは彼の有名な書、異教徒改宗の手段を用いるキリスト者の研究(An Enquiry into the Obligation of Christians to Use Means for the Conversion of Heathens)を1792年に書きました。 彼の本をきっかけに、教会の状況と世界全般の宣教の必要性に関する情報の産業が活発化しました。最もよく知られているのは、オペレーションワールド(Operation World) (ジェイソン・マンドリク)、宣教に興味がある人々向けと、もう一つは世界クリスチャンデーターベース(World Christian Database)(トッド・ジョンソン)、アカデミック向けです。その他、ヨシュアプロジェクト(Joshua Project)を含むグループは福音が伝えられていない人々のグループをリストにすることに力を入れています。

しかし、それらは、草の根のミニストリーのために有効に活用していくには限りがあります。オペーレーションワールド、世界クリスチャンデーターベースは有効な情報を与えています。しかし、それらの世界視野は、宣教の戦術的判断のレベルまで到達しません。 さらに、これらのリストは、内部者の情報をもとにしたリストに欠けているという問題があります。

ミニストリーの現場の情報を得るには、他のステップが必要です。もし国際教会や宣教団体が宣教の戦術を発達させ、活用していくためにデータを利用するならば、データは正確で、新しく、詳しくて、報告できるものでなければなりません。これを行うには、宣教師たちからの統計から、国際統計、国際教会統計の方法を変えなければなりません。. 外部者からの視野は内部者の視野へと変わらなければなりません。世界のITが急速に発達していることにより、それは今可能となりました。

グローバルライズ(GlobaRize)は世界教会にオンラインを通したソリューションを提供しています。 グローバルライズの主要なソリューションはハーベストで、データベースとウェブ上地図アプリです。セキュリティーのしっかりしたクラウドを基本としたデータベースで地図と報告がリアルタイムにアップデートされています。ハーベストには報告、地図とグラフ、ライセンスや教会ディレクトリーなどがあります。

ライセンスを売ることを通して、データベースのための運営が行われるシステムになっています。グローバルライズが常にプロジェクトのために寄付を求めているのではなく、データベースから利益を受ける者がハーベストの発達や利用に貢献しています。

ハーベストを一つの宗派から築き上げることは可能ですが、それは理想てきではありません。もっとも有効だと言われているソーリューションはすべての宗派と関係築き、利用できる一つの教会リソースセンターを作ることです。

ハーベストは内部者の視野を世界教会に見せていくことを通し、宣教の統計の側面を急速に変えられる見込みがあります。 私たちはこれが神の御国の繁栄に幾つかの方面で影響することを確信しており、福音がまだ伝えられていない地域を見つけていくことを確信しています。

Print Friendly, PDF & Email

ドゥワイト・マーティン([email protected]) はeSTARファウンデーション(eSTAR Foundation)、教会リソースセンタでタイの教会に働き、グローバルライズ(GlobalRize)、世界教会のためのオンラインソリューションのディレクターである。

マーティン・ビッサー([email protected]) は教会創設者であり、OMFインターナショナル(OMF International)のタイ北東地域リーダーであり、グローバルライズ(GlobalRize)、世界教会のためのオンラインソリューションのディレクターでもある。

14 5月 2015

Lausanne Global Analysis