Lausanne Global Analysis

2015年5月課題概要

2015年5月ローザンヌ国際動向分析へようこそ。

記事をすべて読む方、報告の概要だけを読む方、私たちは皆さんにこの課題が刺激的で、有益であることを望んでいます。私たちの目的は戦略的で確かな動向分析、情報と見解を届け、それにより、影響力ある人あなたが世界宣教のタスクにさらに有効に備えることが出来ることを望みます。私たちの望みは、現在と将来の動向分析の傾向、発展があなたとあなたのチームの手に神様から与えられたスチュワードシップのすべてによい決断をする助けになることです。

Print Friendly, PDF & Email

今回の課題は2つのメイン課題があります。一つは東アジアでの宣教で、もう一つはリサーチへの新たなアポローチと宣教の計画です。(ローザンヌリサーチ者国際ネットワークの会合が今月終わり23日から28日にマレーシア、クアラルンプールで開かれます)特に、中国での宣教運動の増加をとりあげ、他の信仰への関わりを仏教を見解しながら見ていき、宣教活動の戦略的先見と宣教の国家教会データーベースを作ることの利益を考えていきます。

今回の課題について質問、コメントのある方は[email protected]にEメールにて問い合わせください。次回のローザンヌ国際動向分析は7月に発行されます。

Print Friendly, PDF & Email

14 5月 2015

Lausanne Global Analysis