Lausanne Global Analysis

2015年9月 課題概要

2015年9月ローザンヌ国際動向分析へようこそ。皆さんからのフィードバックを楽しみにしています。

今回のローザンヌ国際動向分析では 教会が関わる日常的な人種偏見のチャレンジと和解を望む、ミニストリー機会を国際的に援助するための牧師訓練 の重要性、どのように逆境を乗り越え確かに繁栄することができるかというコンセプトの提案、最近発売された本 世界の福音派:21世紀への国際手引き(Evangelicals Around the World: A Global Handbook for the 21st Century)からの所見に注目します。

Print Friendly, PDF & Email

 

記事をすべて読む方、報告の概要だけを読む方、私たちは皆さんにこの課題が刺激的で、有益であることを望んでいます。私たちの目的は戦略的で確かな動向分析、情報と見解を届け、それにより、影響力ある人あなたが世界宣教のタスクにさらに有効に備えることが出来ることを望みます。私たちの望みは、現在と将来の動向分析の傾向、発展があなたとあなたのチームの手に神様から与えられたスチュワードシップのすべてによい決断をする助けになることです。

今回の課題について質問、コメントのある方は[email protected]にEメールにて問い合わせください。次回のローザンヌ国際動向分析は11月に発行されます。

 

Print Friendly, PDF & Email

08 9月 2015

Lausanne Global Analysis